シミはメラニンが蓄積して現れる|憎きシミの治療法

整形でアンチエイジング

ドクターと看護師

シミをなくすには整形が手っ取り早い方法と言えます。レーザー照射による施術が一般的です。事前に口コミ情報を参考にして、施術内容を把握することもできます。体験談などから美容外科の評判や実績なども知ることができるので、情報収集することが大切です。

Read

表皮の色素を取り除く施術

笑顔のウーマン

顔などの目立つ部位に出来てしまうシミは皮膚組織の奥深くに色素が沈着した状態です。美容整形の分野では様々な医療技術を活用して色素の除去に取り組んでおり、表皮のシミが原因となる精神的な負担も緩和しています。

Read

負担が少なく施術可能

鏡を見る中年女性

女性にとって、肌の見た目年齢を挙げてしまうシミやシワなどは何とかしたいものです。そこで最近では美容整形外科で施術を受ける人が増加しています。価格も比較的利用しやすくなり、ダウンタイムも少なくなったのが特徴です。利用する際には信頼のおけるクリニックであることが大切です。

Read

治療と予防の仕方

目元を触る婦人

クリニックでの治療内容

頬骨のあたりや目の周りにできやすいのが茶色いシミです。日光の紫外線を受けると、メラニンが生成されてシミやそばかすになります。また、目の周りなどは皮膚が薄くデリケートなので、ちょっとの摩擦でシミができやすくなります。シミは美容整形ができるクリニックで改善することができます。シミ、そばかす、くすみ、肝斑、ニキビ跡など、肌に出来てしまった色素沈着には、光治療が効果があります。IPLのフォトフェイシャル、CIPLのP−フェイシャルなどは、色素沈着を改善して肌にハリを出す効果があります。また毛細血管を縮める効果があるので、赤ら顔の改善もできます。ハイドロキノンやトレチノインなどの塗り薬も美容整形外科で処方してもらえます。ハイドロキノンはメラニンを出来にくくする働きがあります。トレチノインはメラニンを分解して出来てしまったシミを消す効果があります。また、トレチノインにはターンオーバーを促進してコラーゲンを増やす働きがあるので、小じわが目立たなくなる効果も期待できます。

治療後に気を付けること

シミやそばかすは、普段の生活をちょっと気を付けていれば予防できるものです。シミの原因のほとんどが太陽から出る紫外線です。紫外線を予防する心がけをしっかりしていれば、ほとんどのシミが予防できます。洗濯物を干すとき、子供の送り迎えをするときなど、ちょっと屋外に出るシーンでも油断しないで日焼け止めを塗ることが大切です。また、日焼け止めは汗で流れやすいので、日中はこまめに塗りなおすことも大事なポイントです。美容整形クリニックでシミ治療を受けているときも、紫外線対策を怠るとシミが再発します。フォトフェイシャルなどの光治療をしたあとは、肌にムラなく日焼け止めを塗ってから帰宅することが大切です。ハイドロキノンやトレチノインなどの美白軟膏は、とても強力な刺激があります。特に高濃度に配合されている軟膏を肌につけると、肌にダメージになることがあります。つけていて皮がむけてきたり、シミの範囲が広くなってきたら、使用を中止して通院している美容整形外科に相談することが大切です。

治療の種類と注意事項

整形治療

シミができてしまっても、美容皮膚科でレーザー治療をして消すことができます。レーザー治療なら肝斑も改善できます。ただし油断をすると再発することがあるので、レーザー治療後は気をつけてケアをする必要があります。

Read

人気のフォトフェイシャル

カウンセリング

フォトフェイシャルは一度の照射で幅広い肌トラブルを改善できる光美顔器です。シミやそばかすに照射すると、ぽろぽろと剥がれてなくなります。線維芽細胞が活性化するのでコラーゲンを増やしてハリと艶のアップもできます。

Read