美肌作りで手っ取り早く美人に見せる|シミはメラニンが蓄積して完成

人気のフォトフェイシャル

カウンセリング

光美顔器での治療

フォトフェイシャルなどの光美顔器は、シミ、そばかす、くすみ、毛穴の開きなどの治療に使われています。顔全体にIPLという光を照射し、顔のトラブルを改善する治療です。シミやそばかすにフォトフェイシャルを照射すると、一時的に濃く浮き上がります。そして治療後2週間ほど経過すると、ぽろぽろ剥がれていき、新しい肌が再生されます。レーザー治療でもシミを消すことができますが、レーザーの場合深い所まで照射するので治療後は出血や痛みがあります。しかし、光美顔器の場合効果がマイルドで痛みも皆無です。フォトフェイシャルはシワやたるみなどの改善もできます。コラーゲンを作りだす線維芽細胞を活性化する働きがあるためです。コラーゲンが増えるとたるみがリフトアップし、毛穴が引き締まり目立たなくなります。フォトフェイシャルは、幅広い肌トラブルを一度に改善できる優れた光美顔器です。一ヵ月おきぐらいに定期的に照射をすると効果的です。フォトフェイシャルは一回1万円ほどで受けることができます。

お手入れの注意点

光治療器によるシミ治療では、顔に低出力な光を照射するので、痛みもなくすぐに洗顔もメイクもできます。ただし、皮膚に炎症があったり、日焼けをひどくしている場合は治療ができないことがあります。特に極度に日焼けをしている箇所にフォトフェイシャルを充てると、光のダメージが強くなり激しい痛みを伴います。日焼けをしている場合は、日焼けが落ちるのを待ってから治療を受ける必要があります。フォトフェイシャルを照射した後も、日焼けをしないように注意をする必要があります。治療後は一時的にシミやそばかすが濃くなります。濃くなったときに日光を浴びると、メラニン細胞が活性化してメラニンを生成してしまいます。そうするとシミが再発する原因になります。治療後は徹底的にUVカットを心がけることが大切です。また、フォトフェイシャルの照射直後は肌がデリケートな状態になっています。治療した当日は、ピーリング石鹸の使用、カミソリの使用、家庭用美顔器の使用などは控えることをお勧めします。